痙攣性発声障害を克服寸前の、かちゅらこのブログ♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1回SD(痙攣性発声障害)mixiコミュ北海道チーム交流会!
2009年07月01日 (水) | 編集 |
※過去に書けなかった記事を過去の日付で書いたものです※

先月、mixiの(痙攣性発声障害)SDコミュ
北海道メンバー4人とお会いしました!
同じSDを抱える「戦友」さん達とお会いするのは初めてなので
おとなしくて内気な私は、もう~前の晩からお腹痛いし
ドッキドキでした(笑)
当日、集ったのは私を含め女子5名♪(*ノノ)キャ
…ええ…?私が1番年長者でしたが…何か?(笑)

前日からの緊張なんて、何のその。
会えば瞬時に感じる同類の安心感。
緊張する必要なかったー…(笑)
さて、集った5名のうち3名は手術経験者。
筋肉切除1名、チタン手術2名。
3人とも関東の病院で手術を受けられたそうです。

術前と手術入院期間中と術後の定期検診…
その度にかかる交通費や通院費…
手術して退院したら、それで終わりではないので大変です。

でも、3人とも擦れも詰まりもなくすっごいキレイな声でした!
確かに術後、声量は少し落ちるらしいですが、
詰まりが解消されただけでも幸せだって…(T^T)良かったねぇ…
もうお1人は外転型で手術は出来ない患者さん。
一生懸命、話してくれて本当にありがとう♪
私は内転型だけど、訓練受けただけで、そのまま放置(笑)

SDあるある話で本当に盛り上がりました!
声が出しづらいから、発声時は全身の力を使うので大変疲れるとか…
その他色々(笑)
この病気を多くの方に知ってもらうには、どうしたらいいんだろう…
って、話しも♪

実際に会う事で、こんなにも違うんだぁ…って、感じた1日でした☆

第1回SD北海道チーム交流会

幹事してくれたミホラーさん、このような機会を作ってくれて本当にありがとう☆



Sweet DocumentSweet Document
(2009/04/26)
COZ

商品詳細を見る


痙攣性発声障害の手術から2年後、奇跡的に歌声を取り戻した
ロックバンドPOPGUYZのリーダーでありギターとヴォーカルを
務めていた、現在はシンガーソングライターとして活躍中の
COZ(カズ)さんを 心の底から応援しています
皆様もどうか応援よろしく お願い致します(*^-^)


マネージャー蒼さんからのメッセージ
試聴はこちら


mixiにCOZさんを応援するコミュニティ誕生
COZ PROJECT
僭越ながら副管理人させていただいてます(▼-▼*) エヘ♪

モバイルの人に朗報!
携帯サイト出来ました(*^▽^*)
COZ PROJECT(携帯用HP)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。