痙攣性発声障害を克服寸前の、かちゅらこのブログ♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キーワード「痙攣性発声障害」
2007年06月13日 (水) | 編集 |
この日記のアクセス解析を見ると
ダントツで「痙攣性発声障害」「SD」
というキーワードで検索して辿り着いている人が多い。

「かちゅらこ SD」で毎回検索して来ている同一人物さんも
いるけどPCのお気に入りに登録していないのでしょうか?(笑)
会社から見てるのかしら(^^;;;

きっと何か有益な情報を少しでも得られるかと思い
見てくれているのだろうけど、あまり役に立つ情報が
なくて申し訳ないです(;^_^A

ていうか、SDの事や声の事をここ一年ほど
ほとんど何も書いてないですよねσ(^_^;ワタシ…
せっかく訓練受けているのにね~( ̄Д ̄*)

今日も痙攣性発声障害で初めてこの日記にアクセスし
くまなく見てくれたお方が約一名いらっしゃったようで…
いや~本当に申し訳ありませんっ!m(_ _;)m
更新は少ないし情報もない日記なのにお時間取らせて…(^^;

音声訓練の経過は今構想を練っている最中なので
きっと近々まとめてドド~ン!とアップする…かも?(爆)
訓練の内容よりも先生との会話が面白いので
それを書きたいけど、何せ狭い範囲での出来事。
書けませ~ん(^▽^;)

SD関連や訓練の事で込み入った質問がある方は
PCで閲覧されてる場合はブログのメールフォームからか、
mixiされている方はmixiメッセでご連絡くださいね♪
もしくはSD掲示板の常に1番上にあるスレに
私のgooメールのアドレスが潜んでいますので、
そのアドレスあてにご連絡いただければと(*^▽^*)

メールフォームから送ったのに返事がないという人…いませんか?
手順どおりやらずに私の元へ届いていない可能性が大です。
決して無視しているわけじゃないので安心して下さいね~(^^;;;

そういう事ですのでよろしくお願い致します♪




痙攣性発声障害―そのメカニズムと治療の現状 痙攣性発声障害―そのメカニズムと治療の現状
小林 武夫 (2005/11)
時空出版
この商品の詳細を見る


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。